エンターブログ

エンターと申します!!

1株から始める積立NISA 一ヶ月目 決算発表本格化 日銀会合近づく

本日の注目ニュースと見解

決算発表本格化

今週、23日にテスラとアルファベット(Google)に始まり、米国の主要銘柄の決算発表が始まる。

最も注目度の高いNVIDIAはまだ先だがテスラの売り上げから電気自動車なのかハイブリッド車なのか予想できるため注目すべき決算発表だ。

国内の決算発表も今週から始まり、トヨタ自動車は8月1日に控える。

円安により売上高を伸ばしていることは間違いないが現状円高が進む可能性が高いため売り上げと利益の頭打ちと取られ下がる可能性もあるため楽観視は出来ないだろう。

日銀会合近づく

金融政策決定会合を7月30、31日に開く。

焦点は追加利上げに踏み込むかだ。

物価上昇率は政府・日銀の目標である2%を上回り、政府内からは金融正常化を後押しする声が出ているが実質賃金はマイナスが過去最長により消費も力強さを欠く状況だ。

現段階で利上げすれば更に国民生活を苦しませる結果になりかねない。

また、消費が少なくなれば今よりも経済状況が悪くなる可能性があるため、なかなか利上げはしずらい状況だろう。

追加購入株

鹿島建設 +1

トヨタ自動車 +1

三菱重工 +1

三菱UFJ +1

積立合計金額(総利益)

積立銘柄に対する見解

鹿島建設は今後、円高が進んでいく可能性が高いことから原材料費の低下により利益を伸ばしていくことが考えられたためだ。

トヨタ自動車は電気自動車からハイブリット車、正確にはPHEVだと思うが自動車業界の成長が進んでいくと踏んだからである。

三菱重工三菱UFJはこれまで購入してきた同じ理由だ。

円高に向けて株価が低下していくと思うがそれを狙って、来月から入金額を上げていこうと思う。

しばらくは、マイナスが続くと考えられるが気長にやっていこうと思う。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券

1株から始める積立NISA 24日目 日経平均大幅下落 トヨタ自動車を含めた5社、米国の新排ガス規制未達か

本日の注目ニュースと見解

日経平均大幅下落、半導体を中心に下落

本日、日経平均は-971円34銭と大幅に下落した。

その下落を牽引したのは注目度の高い半導体銘柄だ。

トランプ氏の再選に伴い、中国への関税強化によって半導体の売り上げが低下するといった理由である。

また、日経平均は急激な円高に見舞われたことも下落の一因だろう。

今後、米国は金利を下げ始める可能性が高いとパウエル議長も示唆しているため、急激な円高により日経平均は更なる大幅な下落が予想される。

しかし、日本のデフレ脱却や半導体業界の強化など期待できることは多い。

トヨタ自動車を含めた5社、米国の新排ガス規制未達か

トヨタ自動車など米国での販売台数で上位を占める5社が米国環境保護局(EPA)の排ガス規制基準に届かない恐れが出てきた。

環境保護団体グリーンピースによると、販売目標に基づく32年のトヨタの平均二酸化炭素の排出量はEPAが示す新基準値の2.5倍、日産自動車は同1.8倍となる予想だ。

一方で本田技研工業は8-12%の超過にとどまる見込みだ。

しかし、日本のEV、PHEVといった技術力は世界でも群を抜いている。

EV、PHEVの業界総売り上げは年々上昇傾向が強いため、今後も期待できる分野であることは間違いないだろう。

積立合計金額(総利益)

積立銘柄に対する見解

本日、保有株は大幅に下落した形となった。

トランプ氏の再選やそれに伴う円高など注意するべき点は多くある。

しかし、日本経済が弱っているというわけではないため現時点の最高値に再度復帰するのはそう遠くないように思う。

持続的に買い、リスク分散をしつつ元金を膨らませていこうと思う。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券

1株から始める積立NISA 22日目 ドナルド・トランプ再選に勢いずく

本日の注目ニュースと見解

ドナルド・トランプ再選に勢いずく

トランプ前大統領が銃撃にあった。

しかし、奇跡的に軽傷で済み銃撃後、威厳を見せつけるような姿を見せた。

これにより、一段とトランプ氏は勢いずく可能性がある。

では、トランプ氏が再選となった場合注目すべきは中国への対応だろう。

現在、トランプ氏は中国に対し60%の関税をかけると言っており、中国経済に対しては大打撃となる。

米国内に安い品物が減ることから物価上昇が加速し、金利にも影響がでる可能性があるためドル高が現状維持になってしまう恐れがある。

日本の影響として、中国製品であった部分が日本製品に置き換わる可能性があるため部品メーカーは注目する業界だろう。

また、トランプ氏は世界中のアメリカ軍基地を撤退することも示唆しているため国防企業も注目すべき業界だ。

積立合計金額(総利益)

積立銘柄に対する見解

本日はトランプ前大統領の一件もあり、三菱重工が大幅な増加を見せた。

それ以外の銘柄も順調に伸びているが鹿島建設トヨタ自動車は伸び悩んでいるのが現状である。

鹿島建設は建設業の全体的な問題点である人手不足が大きな足かせだろう。

倒産件数や清水建設といったスーパーゼネコンと呼ばれる企業の赤字などの不安要素が多く存在してしまっている。

トヨタ自動車は不祥事などから売上、利益に影響がありそうなことから手が出しずらいのが現状である。

ただ、ハイブリッド車の注目度から買っていくべき銘柄には変わりはないといえるだろう。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券

1株から始める積立NISA 3週間目 急激に進んだ円高、為替介入か 日経平均は1000円越えの値下げ

本日の注目ニュースと見解

急激に進んだ円高、為替介入か

先日、1ドル=161円台から157円38銭まで円高が進んだ。

CPIの他、PPIが発表された結果後に大きく動いた。

現状、財務省は為替介入したかどうかのコメントは控えているが値動きの幅からあったのではと現状予想されている。

しかし、CPIの思わぬ低下などの要因もあるため絶対にあったとは言いにくい状況だ。

PPIは逆に上昇した結果だが、食品とエネルギー、貿易サービスを除いたPPIは前月から横ばいとなっている。

そのため、来月PPI発表時には現状より下がるか横ばいになる可能性が高いだろう。

以上のことから利下げが始まる時期が徐々に近づいていると考えられる。

日経平均は1000円越えの値下げ

先日、大幅な値上げから一転急激に値を落とした日経平均

理由として、ここ最近の急激な上げに対する警戒感からの利確。

または急激な円高による業績悪化を懸念しての動きだろう。

明日以降も為替の動きは激しく上下する可能性も考えられるため、それの影響を受け、日経平均がどのように動くのか冷静に市場を見ていく必要があるだろう。

積立合計金額(総利益)積立銘柄に対する見解

先日、私の登録ミスで日経225のファンドが特定口座になっていたため、一度売却した。

しかし、日本の株は個別だけでもいいのではと思い始めた。

理由として、日本の優秀な銘柄はここ十年は変わっていないと感じたためだ。

東芝という一部例外を除いて基本的に国内市場は競争力がない。

そして、資本主義の構成上、資金のあるところに資金が集まるのは必然的であるため国内の上位銘柄は今後固定化していくことが考えられる。

ファーストリテイリングは高額なためそれらを実質的に持っておきたいといった理由以外に魅力があるのかを改めて考え、再度購入していくか検討していきたい。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券

1株から始める積立NISA 18日目 米国の物価上昇速度に鈍化の兆し!ファーストリテイリングの売上が過去最高に

本日の注目ニュースと見解

米国の物価上昇速度に鈍化の兆し見える

11日、6月の消費者物価指数(CPI)は前月比でマイナス0.1%と予想外に減少する結果となり、前年比は3.0%上昇に留まった。

今回の結果で米国の利下げにまた一歩近づいた。

この結果を受け、1ドル158円台と急激に円高が進んだ

今後も順調に物価が収まれば国内の物価高は収まりを見せていくだろう。

しかし、輸出企業の業績は低下していくため日経平均株価としてはマイナス。

積立買いなら、高騰によって買いにくい環境下での買いの場面が見られるだろう。

ファーストリテイリングは過去最高売上 

ユニクロを展開するファーストリテイリングの今年5月までの9か月間の決算は、売上げと利益がこの時期として過去最高を更新。

円安の影響化もありヨーロッパやアメリカでの販売が好調、外国人旅行者の増加が国内での売上げを押し上げる結果となった。

しかし、米国の利下げによって円高が進んだ場合、今回の売上と最高益で頭打ちとなる可能性がある。

明日以降、楽観視でいられる相場ではない荒れ相場が予想される。

追加購入株

レゾナックHD +1

三菱重工 +1

三菱UFJ +1

積立合計金額(総利益)

積立銘柄に対する見解

本日、追加で株式を購入したが想像以上に米国の物価高が終息を見せ始めため、しくじったと感じている。

もっと言うならCPIの存在を完全に忘れていた。

大和証券が重要なイベントをまとめているため今後、株式を始める方は見た方がいい。

明日からしばらく下げ相場となる可能性が高い。

月に一度か二度程積み立てて、行こうと思うため買い場と捉え、辛抱強く買っていこうと思う。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券

1株から始める積立NISA 16日目 日経平均最高値更新 米国の投資ファンド、KOKUSAI ELECTRONICSの株の半数を売却を検討

本日の注目ニュースと見解

日経平均最高値更新。半導体株による大幅高

9日の東京株式市場で日経平均株価は最高値を更新し、終値は前日比799円47銭(1.96%)高の4万1580円17銭の値を付けた。

しかし、内容としては半導体銘柄のみの大幅高。

その他の銘柄は追随できていない状況だ。

米国株のようにハイテク株中心の株価を描いている。

これはかなり危うい状況であるだろう。

今後、NVIDIAといった筆頭株が崩れだせば全体の暴落を引き起こしかねないからだ。

投資するべき時と引き際を見極める投資家たちの先見性が問われるだろう。

米国の投資ファンド、KOKUSAI ELECTRONICSの株の半数を売却を検討

本日、九日に米国投資ファンドKKRがKOKUSAI ELECTRONICSの株を売却する計画を匿名の関係者が報じた。

KOKUSAI ELECTRONICSは自社株買いでそれらをある程度までは買い戻す見通しだが詳細はまだつかめていない状態だ。

明日以降、需要の低下により大幅な低下が予想される。

しかし、現在の半導体株のトレンドに加え、自社株買いの状況によれば大きく反発することも考えられるため注目すべき銘柄と言える。

積立合計金額(総利益)

積立銘柄に対する見解

本日は日経平均の大幅高となったが伸びたのはレゾナックHDのみに留まった。

全体的には横ばい。

三菱重工が今日まで急騰していたこともあり、投資家たちが利確に入ったと予想される。

円安も反発し、161円台に戻ってきている。

明日以降も為替と日経平均の動きには注意が必要だ。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券

1株から始める積立NISA 15日目 実質賃金は26ヵ月連続で低下 レゾナックHDは次世代半導体パッケージを米シリコンバレーに設立

本日の注目ニュースと見解

実質賃金は26ヵ月連続で低下。止まらない貧困化

賃金の上昇に物価の変動を反映した「実質賃金」は前の年の同じ月と比べて1.4%減り、26か月連続の減少。統計が比較できる1991年以降、最も長い期間、減少し続けている。

しかし、名目賃金前の年の同じ月から1.9%増え、29か月連続の上昇となった。

企業努力は確実にされており、賃金の上昇はしているが円安やウクライナ情勢により輸送費などの高騰により物価高に歯止めがかからない状態だ。

また、少子高齢化により現役世帯の平均年齢も上がっているため、その点から名目賃金が上がっている可能性も捨てきれない。

政府が想像しているよりも早く貧困化が浮き彫りになりはじめている。

このまま貧困化し、経済成長に影響が出始めれば日経平均は急落していくだろう。

レゾナックHDは次世代半導体パッケージを米シリコンバレーに設立

半導体材料を手がけるレゾナックHDは、日米の材料・装置などの企業10社による次世代半導体パッケージを米シリコンバレーに設立すると発表。

2025年の稼働開始を目標に、今年からクリーンルームや装置導入などの準備を始める。

本格的に米国の半導体事業に乗り出す形となった。

しかし、現状円安の影響もあり割高な投資となることは否めない。

だが、長期的に見たとき米国が半導体事業はNVIDIAを筆頭に引っ張っていく可能性は高いように感じる。

今後のAIの発展も加味すれば投資先として一考する価値は十分にあるだろう。

積立合計金額(総利益)

積立銘柄に対する見解

本日の保有株は全体的に低下した。

しかし、世界情勢の影響により三菱重工が持続的に上げ幅を拡大。

今後、ドナルド・トランプの当選によってはより世界情勢が混乱していくことが予想されるため米国の動向やロシア、中国といった国の動きは注視していかなければならないだろう。

オススメ証券・サイト

moomoo証券

株式市場だけでなく為替市場、仮想通貨市場もこのアプリ一つでわかります。

また、重大なニュースを即時通知し数時間後にはそれらをわかりやすく解説。

大口投資家の動向をより早く知ることで株式相場を誰よりも早く入手できます。

moomoo証券【WEB】

松井証券 

松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券