エンターブログ

エンターと申します!!

1株から始める積立NISA 4日目 ドル円が再び160円台へ 電力大手は脱原発を否決

挨拶

 皆さん、こんにちわ。本日4日目となります。

 今日からはてなブログproにし独自ドメインも取得したので少ない変化かもしれませんがわくわくしています。

 たくさんの方に読んでもらえるよう努力していきます。

 

気になったニュース

 ドル円が再び160円台へ 

 本日、ドル円が再び160円台の値を付けました。

 理由としては米国の金利が高止まりしていることと考えられます。

 年内に一度は利下げされるといわれていますが、これについては去年から言われていますので予断を許さない状況です。

 しかし、米国の物価上昇が抑制され始めているため、利下げの可能性は高くなっています。

 また、ドナルド・トランプ氏がドル安を望んでいるため大統領選の結果に応じて、大きく為替が動くことが考えられますので注視していきたいところです。

 円安から円高に動きが変わった場合、日経平均は輸出銘柄を多く採用しているため大幅な下落が考えられます。

 更にそこから派生して全体的な下落も視野に入れておくべきと思います。

 電力大手は脱原発を否決

 株主からは原発の再稼働計画中止や廃炉など脱原発を求める提案が相次いぎましたが各社は原発が電力の安定供給や脱炭素につながることを理由に反対を表明し、否決しました。

 現在電気代は過去にないほどの値上がり幅をみせています。

 しかし、原子力が稼働すれば燃料の運送コストの大幅削減できます。

 電力料金は国が設定しているため、原子力が稼働した時に現状の高値圏を維持するのは考えにくいため、電気代は値下がりすると考えられます。

 そのため生活コストが下がるだけでなく、企業も経費が下がるため利益向上につながります。

積立合計金額(含み益を含む)

積立銘柄に対する感想

 本日は日経平均が大幅に上昇しました。

 しかし、その原因は半導体株のため個別株で半導体株を持っていない私はただ眺めているだけになりました。

 とても、うらやましく半導体株の購入を考えたいですが米国のエヌビディアの大幅な下落など不安の種があるため中々手を出しずらい状況です。

 また、エヌビディアの下落によってS&P500は下落。

 今後、円高に振り向く可能性を考えると大幅な下落が考えられるためS&P500への投資金額は下げていこうと考えいます。

まとめ

 本日、6月26日は半導体株が大幅に上昇しました。

 しかし、私の保有株はほぼ横ばいです。

 ただ、目先の利益ではなく中長期的にプラスになる銘柄を自分で考えて購入していこうと思います。

 

オススメ証券・サイト

 松井証券Youtubeで投資コンテンツを配信しております。

 有名な方々が実際に投資を始める瞬間と値動きを見ることができ、投資家がアドバイスをすることで視聴者側も楽しく投資の勉強ができます。

 自分で考えて株式を始めるのが怖いと思った方は投資を始めるきっかけ作りのためにもご覧になってはいかがでしょうか。

 松井証券の口座開設は下のリンクから!!

松井証券